月別アーカイブ: 2019年11月

今しかないこの時を僕は今日も歩く

以前書いたが、HIITトレーニングは本当にハードだ。やたらキツいので、トレーナーの方に「これ、慣れるものですか?」と聞いたら「はい、全然慣れますよ、自宅でもやると良いですよ」とアドバイスをいただいた。

自宅か…でも早く慣れてカッコよくこなせるようになりたい。そこまで体力が付けば何かが変わる気がする。

自宅でできる腹筋のHIITトレーニングの方法を教わったので、早速自宅に腹筋用のマットを買った。

マットはすぐに届いたが、なかなか封を開けられない。

続きを読む

アウトプットなしに上達はない

文章を書くという行為は頭の中を整理できるというか、考えることそのものだと思うので、どんどん書く方針にしてみた。

というのも半年くらい前に速読講座に行ってみたら、本を読むスピードが上がり、インプットの精度が上がり、加齢による経験の積み上げもあり「おれ頭良くなってきたかも..」と、一瞬浮かれたけど、なにぶん自分は瞬時に情報を構造化する能力が低いため、その訓練として文章を書くのが最も良さそうだという考えに至ったのだ。

続きを読む

感情と肉体の境地 HIIT

HIITトレーニングを始めた。

一切運動しない自分に不満を感じていたことと、持病の対策に加え、集中力を高めるには運動が良いと風の噂で聞いたからだ。

HIITトレーニングとは、雑に言うと短時間の間に高強度の運動とインターバルを繰り返し行うトレーニングのことだ。これまた雑に言うと、世界一効率がいい最高の運動らしい。ググれば腐るほど出てくるので興味があれば調べてみてほしい。

個人的にHIITトレーニング最高だ。超短時間でめちゃくちゃ運動をやった気になる。ただし、ハード過ぎて毎回吐きそうになる。

続きを読む

参謀になりたい

僕は自分をデザイナーだと定義してしまう事が好きではない。自分を型にハメて、行動の幅を狭めてしまう気がするからだ。

しかし、自分自身の定義を薄っすらとでもしておいたほうが、生きやすいし、説明しやすいし、成長もしやすいのではないかと考えている。なので、自分がどうなっていきたいのか考えてみた。

続きを読む